テキスト Text

読解:映画論

アビリティとアメリカン・フィルム

Ability and American Film

著者
H.M.Benshoff and Sean Griffin 國友万裕/安田 優 編注
アビリティとアメリカン・フィルム
規格
B5判/116頁/定価1,995円
ISBN
978-4-269-11007-6
ジャンル
レベル
上級
教授資料・CD完備
PDF

America on Film (2009,Revised Edition)より、“Part VI Ability and American Film"を抜粋、解説的な注とユニークな設問で、読解力の向上をめざす。アメリカ映画の中で男女がどのように描かれているかを、同性愛やフェミニズムはもちろん、聴覚障害、視覚障害、アジア系、アメリカ系など、様々な差別や偏見にさらされる人々を主人公にした映画を網羅、「能力」 という新しい視点で分析している。英語の読解に焦点を当てるか、アイデンティティや差別・偏見の問題を考えさせるかなど、様々な角度からのアプローチが可能なテキスト。

[ 本書の構成 ]

1. Vocabulary 本文読解に必要な語彙の意味把握問題。
2. 本文(3〜5頁)冒頭に、その章で、取り上げるテーマと作品に関するコラムを掲載。
3. True / False 内容確認問題。
4. Summary 穴埋め問題。
5. Discussion / Writing 問いかけ問題2問。

書籍内容 Contents

Chapter 1 What is Ability?
Chapter 2 Cinematic Images of (Dis) Ability
Chapter 3 Queen Christina (1933)
Chapter 4 The Old Maid (1939)
Chapter 5 The Gang's All Here (1943)
Chapter 6 A Patch of Blue (1965)
Chapter 7 Children of a Lesser God (1986)
Chapter 8 Erin Brokovich (2000)
Chapter 9 8 Mile (2002)
Chapter 10 Better Luck Tomorrow (2002)
Chapter 11 Saving Face (2004)
Chapter 12 Crash (2004)
Chapter 13 The Prize Winner 01 Defiance, Ohio (2005)
Chapter 14 Brokeback Mountain (2005)
Chapter 15 Quinceaneraq (2006)
ご注意ください Notice
小社のテキストは主に大学の授業で使用されるものです。一般のお客様・学生の方向け(自習用)の訳・解答等は一切付属も、ご用意もしておりません。あらかじめご了承ください。