テキスト Text

リスニング・会話:留学

ファーストステップ・フォー・スタディイング・アブロード

The First Step for Studying Abroad

著者
佐野仁志/藤田淳一/ William Hall 共著
ファーストステップ・フォー・スタディイング・アブロード
規格
A4判/82 頁/定価(本体2, 200 円+税)
ISBN
978-4-269-66054-0
ジャンル
レベル
中級
教授資料・CD 完備(小社ホームページから音声のダウンロード可)
PDF
--

短期留学を後押しする工夫が満載

留学希望の学生や外国での生活に関心を持つ学生の英語力を効率よく高めるために編まれたテキスト。留学を具体的に考えている学生にとって、海外の大学で何を学び、現地の学 生に交じって何を経験するのかを考えることは重要である。また具体的な留学の計画を持たない学生にとっても、短期の留学は英語学習を進める上で大きなモティベーションになるはず。そうした学生たちの学習意欲を高め、留学を現実のものにするのに必要な英語力を様々なアクティヴィティを通して身に着ける。冒頭のUnit において、自然な発音のための、口の筋肉の動かし方を詳細に解説しているのも本書の特徴である。リスニングやスピーキングだけでなく、重要な文法事項の解説およびその確認のための練習問題も各Unit に収録している。※全頁カラー印刷・A4 判

短期留学を後押しする工夫が満載

[UNIT 0] 英語独特の発音を習得するために、口の周りの筋肉を鍛え、自然な発音ができるように配慮したUNIT。授業開始時、毎回のようにこのUNIT で英語の発音をするための筋トレを行い、ウォームアップしてほしい。[UNIT1 ? 14] 各UNIT はDialogue、Activity、Key Sentences to Remember、Grammar、Grammar Check、Assignment から構成されている。Dialogue は、留学希望の日本人大学生Mari と海外での学生生活に憧れを持つKen とイギリスからのTim を中心とした会話が展開する。通常の会話だけでなく、LINE やSkype などのツールを使っての会話もある。日本人学生が留学生に日本の風習や文化を教える場面もある。後半ではMari がイギリスの美術大学に短期留学し、さらにそこで知り合ったアメリカ人たちのStudent House で滞在することになる。そこへKen もやってきて、アメリカの学生との交流が始まる。Activity は、リスニング、スピーキング、ライティング、リーディングから成り、学習者が興味をもって練習できるよう工夫されている。Key Sentences to Remember は、Dialogues で用いられた大切なフレーズを習得するために繰り返し練習することによって、スピーキング、ライティングの力を高めることができる。Grammar, Grammar Check は、Dialogue やActivity で用いられた文法事項を説明し、練習問題をすることによって習得できたかどうかを確認することができる。Assignment は、Reading Activities に付随して、課題が設定されている。自ら興味を持って取り組むことができるように配慮されている。

書籍内容 Contents

UNIT 0 Let's Build Up Muscle for Speaking English!

UNIT 1 It's Nice to Meet You 

UNIT 2 I'd Like to Introduce You to My Friends

UNIT 3 What's Your Blood Type?

UNIT 4 I'd Like to Study Abroad

UNIT 5 How to Improve My Command of English

UNIT 6 What's Your Place Like?

UNIT 7 Let's Take Part in Summer School!

UNIT 8 How Was Your Summer Break?

UNIT 9 What's the Purpose of Your Visit?

UNIT10 Welcome to the United States!

UNIT11 Could You Tell Me How to Get to the College?

UNIT12 What Shall We Order?

UNIT13 Are You Free This Weekend?

UNIT14 What Would You Like to Be?

ご注意ください Notice
小社のテキストは主に大学の授業で使用されるものです。一般のお客様・学生の方向け(自習用)の訳・解答等は一切付属も、ご用意もしておりません。あらかじめご了承ください。