テキスト Text

読解:イギリス社会・歴史

ブリティッシュ・ビルディングス

British Society through its buildings

著者
Simon Rosati 著/近接久雄編注
ブリティッシュ・ビルディングス
規格
B5判/76頁/予価(本体2,000円+税)
ISBN
978-4-269-15019-5
ジャンル
レベル
中級
【教授資料・CD完備(小社ホームページから音声のダウンロード可)】
PDF

豊富な写真と知的な解説で古今英国の建築物をナビゲート

英語を理解するには、英語のいわば母国であるイギリスの文化や社会についてある程度の知識を持つことは不可欠である。私たちから見るとイギリスはヨーロッパの代表的な国の一つに思えるが、長い間EUのメンバーであったにもかかわらずかたくなにポンドを使い続けたり、まるでイギリス人は自分たちはヨーロッパ人でないと考えているのではないかとさえ思える。また、日本から見ていると伝統を重んじる保守的な国にも見えるイギリスだが、近年になって奇抜とも思えるような建物が古いロンドンの街並みの中に次々と建てられたり、日本の技術を入れて高速鉄道の建設が始まるなど、革新性も持ち合わせている。イギリス文化のこうした側面は、その建築物や、建築物に対する人々の態度の中に現れているので、それらを通してイギリスの社会と文化を学ぶことを目的としている。

本書の構成

Reading 本文 [Questions] (A) Choose the best answer to the questions. (B) Write the answers to these questions. (C) Deside if the following statements are true or false.

書籍内容 Contents

Chapter1 Stonehenge

Chapter2 Hadrian's Wall

Chapter3 Caernarfon Castle

Chapter4 Canterbury Cathedral

Chapter5 Tudor Houses

Chapter6 Country Houses

Chapter7 Derwent Valley Mills

Chapter8 Terraced Houses

Chapter9 Manchester Town Hall

Chapter10 The Forth Bridge

Chapter11 Brighton Pier

Chapter12 Liverpool Docks

Chapter13 The South Bank

Chapter14 The Channel Tunnel

Chapter15 The Shard

ご注意ください Notice
小社のテキストは主に大学の授業で使用されるものです。一般のお客様・学生の方向け(自習用)の訳・解答等は一切付属も、ご用意もしておりません。あらかじめご了承ください。