テキスト Text

読解 : 思想・哲学

英米人の理念

American and English Ideals

著者
Carl Becker 著 堀口誠信/大岩秀紀 注解
英米人の理念
規格
B5判/136頁/定価1,995円
ISBN
978-4-269-13008-1
ジャンル
レベル
上級
教授資料・CD完備
PDF

西欧人の思考方法を理解することは、今日の複雑な国際社会の中で、日本人が欧米人とコミュニケーションをとり、豊かに生きていくための必須の条件である。本書は今から20年前の1991年に出版されたが、今なお大学英語教育の場でリーデイング教材として幅広く採用され、好評を博している。国際社会の大きな変革に順応すべく、このたび著者に本文の改訂をお願いした。著者の鋭い観察洞察力のもと、より時代にマッチしたエッセイが完成、内容把握のcomprehensionを新たに取り入れる等、装いも新たな梢続に値する読解教材となっている。

なお、本書の第3章で日本の原発、自然エネルギー(太陽光など)発電、さらには火力発電の問題に著者は言及されているが、このたびの東日本大震災による放射能汚染は偶発的問題であろうか。

本書の構成

Reading: 4〜5貢、側注付(詳注は巻末へ)、写真1〜2枚入り。
練習問題:[1] 本文での表現を使っての単語並べ替えによる作文
練習問題:[2] 重要語句の確認
練習問題:[3] 英問英答による内容把握問題(解答文に空欄)

書籍内容 Contents

Chapter 1 Altruism: Helping Neighbors in Need
Chapter 2 Spirit over Matter : What are Humanity, Life, and Death?
Chapter 3 World Stewardship : Western Views of Nature
Chapter 4 Positive Thinking in the Western Mind : Free Access to Wisdom
Chapter 5 Historicism : Man Struggles on the Stage of History
Chapter 6 The Sacred Contract : Responsibility in Black and White
Chapter 7 Egalitarianism : An Opportunity for Everyone
Chapter 8 Pragmatism : Asking "So What?" and Anti-Intellectualism
Chapter 9 Rebellion against Authority : Radical Implications of Individualism
Chapter 10 Traditional Japanese Lifestyle : A Stable Hierarchy of Rice Culture
Chapter 11 Traditional Pioneer Lifestyle : Self-Reliance in Geographic Mobility
Chapter 12 Classical Education and Debate : Wrestling with Ideas
Chapter 13 Modern Ideals in Education : Memory vs. Information Access
Chapter 14 Ideals of Communication : Implication vs. Feedback
Chapter 15 Causality and Responsibility : Humans as Autonomous Moral Agents
ご注意ください Notice
小社のテキストは主に大学の授業で使用されるものです。一般のお客様・学生の方向け(自習用)の訳・解答等は一切付属も、ご用意もしておりません。あらかじめご了承ください。