テキスト Text

読解:映画・ことば・異文化・コミュニケーション

ディズニーアニメと多様化する社会

Disney Films and Secret Messages Race, Ethnicity, Gender, Sexuality, and Disability

著者
Johnson Cheu 編 國友万裕/安田優 編注 (松本恵美 井上裕子 轟 里香 村上裕美 船本弘史 須田久美子)
ディズニーアニメと多様化する社会
規格
B5 判/ 78 頁/予価(本体2,000 円+税)
ISBN
978-4-269-11008-3
ジャンル
レベル
上級
教授資料・CD 完備(小社ホームページから音声のダウンロード可)
PDF

ディズニーの映画論から高度な言語運用力を養う

ディズニーと多様性を論じたDiversity in Disney Films からの抜粋。『ムーラン』『ライオンキング』『ポカホンタス』などにも話を広げ、女性ジェンダーのみならず男性ジェンダーの問題やトランスジェンダーの問題などの考察もなされている。本書のターゲットは、比較的高い英語運用能力を身につけた学生である。初等・中等教育が理想とする、あるいはそれ以上の英語学習成果を上げた学生群の割合が全体としては低めになってきたため、上級英語学習者に適した教材も不足気味である。本書はその手薄な部分を補完するために開発された。大学英語教育は上級英語学習者を更なる高みへと導くことが求められる。ディズニーをモチーフにして社会を分析する映画論を読み解いていくことで、学習者は読解力だけでなく、高度な言語運用に欠かせない分析力や批判的思考力をも身につけ、考えを深化することができる。加えて自らの考えを発信するための語彙、表現、議論のレベルを高めるタスクも用意されている。

本書の構成

[Warm-up]、[Vocabulary]、[Reading]、[Comprehension Questions]、[Grammatical Structure]、[Summary]、[Discussion/ Writing/ Presentation]

書籍内容 Contents

Chapter 1:Progressive Era Protagonists; Cold War and Mentors (1)

Chapter 2:Progressive Era Protagonists; Cold War and Mentors (2)

Chapter 3:Honor Through Heterosexuality

Chapter 4:Reflecting on the Self

Chapter 5:Making a Man

Chapter 6:Performing Meerkat and Warthog

Chapter 7:"Hakuna Matata": A Problem-Free Philosophy? (1)

Chapter 8:"Hakuna Matata": A Problem-Free Philosophy? (2)

Chapter 9:"Carnivores! Oy!": Disney and the Jewish Question

Chapter 10:Mean Ladies: Transgendered Villains in Disney Films (1)

Chapter 11:Mean Ladies: Transgendered Villains in Disney Films (2)

Chapter 12:Mean Ladies: Transgendered Villains in Disney Films (3)

Chapter 13:Mean Ladies: Transgendered Villains in Disney Films (4)

Chapter 14:Mean Ladies: Transgendered Villains in Disney Films (1)

Chapter 15:Mean Ladies: Transgendered Villains in Disney Films (2)

ご注意ください Notice
小社のテキストは主に大学の授業で使用されるものです。一般のお客様・学生の方向け(自習用)の訳・解答等は一切付属も、ご用意もしておりません。あらかじめご了承ください。