テキスト Text

生と死の狭間で

After All: Issues of Life and Death

著者
Carl Becker 著 鈴木 健 注解
生と死の狭間で
規格
A5判/90頁/定価1680円
ISBN
4-269-13040-7
ジャンル
レベル
--
PDF
--

本書は,20 章からなり,前半の 「人生現実」では生活様式,出産,老化,不治の病,安楽死,臓器移植などの話題が,後半の 「死の現実」では,臨死体験,幽体離脱,脳死判定,自殺などの分野についての議論がなされ,死及び超常体験研究の第一人者である著者の哲学・思想が生かされ,かつ日本の大学生の感心を呼ぶであろう。

書籍内容 Contents

こちらの書籍の見本をご希望の方は見本請求フォームをご利用いただくか、Eメール、もしくはTEL・FAXにてご連絡ください。後日見本を送付させていただきます。

見本請求ページはこちら
text@eihosha.co.jp(見本請求)

ご注意ください Notice
小社のテキストは主に大学の授業で使用されるものです。一般のお客様・学生の方向け(自習用)の訳・解答等は一切付属も、ご用意もしておりません。あらかじめご了承ください。