研究書 monograph

比喩 英米文学の視点から

著者
文学と評論社 編
比喩 英米文学の視点から
規格
A5判/260頁/定価(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-269-75071-5
ジャンル
レベル
--
--

比喩からは誰も逃れられない
言葉の合わせ鏡に映るパラレルワールドを15人の英米文学者が案内する

?

聖と俗、現実と夢、自然と詩、静と動、西洋と日本
二人の作者、二つの物語

書籍内容 Contents

まえがき  村田辰夫

 

? 十八世紀以前

 中世の比喩 皮と実 石野はるみ

――チョーサー『カンタベリー物語』より「免償符説教家の前口上とお話」――

 農夫シェイクスピアの幻想  上村幸弘

――大地を耕す犂の刃――

 シェイクスピアとオニールの霧  須賀昭代

 

? 十九世紀

 オースティンの歩く女性たち  池田裕子

――束縛と解放を巡って――

 プロメテウスとデモゴルゴンの換喩的関係  白石治恵

――『鎖を解かれたプロメテウス』における協働の成就――

 「眠りの森」とクリスティナ・ロセッティの物語詩「王子の旅」  滝口智子

――ふたつの時と妖精の魔法――

 小さな生き物たち  濵田佐保子

――詩人としてのエミリィ・ディキンスン――

 

ペイターのミケランジェロ論  須田久美子

――「甘く」見えざるものを何に喩えようか――

 「終わりの始まり」におけるホプキンズのメタファーの実験  田邊久美子

 「本物」の日本小説  有元志保

――朝顔嬢とヨネ・ノグチによる日本表象の試み――

 

? 二十世紀以降

 T・S・エリオットの「比喩論」とその特質・実作『荒地』考  村田辰夫

 ジョージ・オーウェルの作品における象徴と本能  田辺翔平

――『一九八四年』で描かれる思考停止の人間――

 現実と夢  松本真治

――ミュリエル・スパークとT・S・エリオット――

 アレゴリーとしての誘惑  松井美穂

――ジョイス・キャロル・オーツの「どこ行くの、どこ行ってたの?」における女性主体――

 ロコとしてのアイデンティティ  平野真理子

――イメージから読む、ロイス・アン・ヤマナカの『ワイルド・ミートとブリーバーガー』――

 

あとがき  市川緑

索引