研究書 monograph

記憶と共生するボーダレス文学

9・11プレリュードから3・11プロローグへ

著者
臼井 雅美 著
記憶と共生するボーダレス文学
規格
A5判/248頁/定価(本体4,000円+税)
ISBN
978-4-269-46021-9
ジャンル
レベル
--
--

書籍内容 Contents

序文

第1章 ヴァージニア・ウルフからの手紙
『ダロウェイ夫人』におけるダブル・ミッション

第2章 カズオ・イシグロが語る現代の寓話
『日の名残り』におけるホロコーストの影

第3章 津島佑子と優生学をめぐる対話
『ヤマネコ・ドーム』、『ジャッカ・ドフニ』と『狩りの時代』

第4章 ジョセフ・ジョニールが描くディアスポラ
『ネザーランド』におけるボーダーを越えていく声たち

第5章 エイミーウォルトマンの新アメリカ庭園学
『サブミッション』における遺構という記憶するグラウンドゼロ

第6章 カズオ・イシグロの暴力のルーツを探る神話再構築
『忘れられた巨人』の中に生きる私達

第7章 村上春樹の心の闇への旅
『騎士団長殺し』に生きるメタファー

あとがき
参考文献